不動産売却の基礎知識|売却のポイント・不動産会社の選び方

不動産売却の基礎知識|売却のポイント・不動産会社の選び方

不動産売却を行うのはあくまでもお客様自身です。そのため、売却を決めた際は、不動産売却に関わる基礎知識を身に着けておきましょう。名古屋(昭和区・千種区)の大森不動産が、不動産売却のポイントや会社選びのコツ、よくある失敗事例についてご紹介します。

不動産売却のポイント

その1.不動産売却は専門家へ相談

その1.不動産売却は専門家へ相談

不動産売却には多くの専門知識が必要です。同時に、スムーズに取引を進めるためには、豊富な経験も欠かせません。不動産売却の際には、これらのスキル・ノウハウを持つ専門家への相談が大切です。

その2.市場相場を売り主自身が把握

その2.市場相場を売り主自身が把握

不動産売却は売り主自身にしか行えません。専門家が行えるのはあくまでアドバイスのみ。希望価格が妥当であるかや、査定価格が適正かを把握するためには、ご自身も市場の相場を知っておく必要があります。

その3.査定額だけがすべてではない

その3.査定額だけがすべてではない

複数の業者に査定を依頼した場合は、査定額だけで判断をしないよう注意しましょう。それよりも重要なのは、査定額にどのような根拠があるかです。妥協性のある提案は、早急な不動産売却につながります。

その4.ベストなタイミングを見計らう

その4.ベストなタイミングを見計らう

不動産の価値は地域相場により日々変化します。しかし、これを見極めるのは容易ではありません。最適なタイミングで不動産売却を行うためには、地域密着の不動産会社の協力を得ましょう。

その5.物件はきれいに保つ

その5.物件はきれいに保つ

家は住めば“住居”。しかし、売却に踏み切ればそれは“商品”です。できるかぎりきれいな状態を保つことは購入希望者の心証を良くし、成約率の向上や有利な売買条件交渉の実現につながります。

不動産会社の選び方

不動産売却のプロを選ぶ

不動産売却のプロを選ぶ

不動産業にはさまざまな種類があります。賃貸が得意なところもあれば、新築販売がメインのところもあるでしょう。そのため、仲介売却を依頼するのであれば、その分野を得意とし、しっかりとノウハウを蓄積した会社を選ぶことが大切です。

熱心に販売活動をしてくれる会社・担当者を選ぶ

熱心に販売活動をしてくれる会社・担当者を選ぶ

新聞広告や折り込みチラシ、ネット媒体への掲載はもちろん、自社独自の取り組みをしている会社は販売活動に熱心であると評価できます。たとえば写真の撮り方ひとつ取っても違いが出るでしょう。しっかりと“売ろう”とする会社を選んでください。

実績豊富な会社を選ぶ

実績豊富な会社を選ぶ

不動産会社の信頼性や専門性を図る際には、実績を見るのが一番です。これまでにどのような種類の不動産売却を手がけてきたのか?地域における件数は?など。不動産選びの指標のひとつとして必ずチェックしてください。

お客様目線の会社を選ぶ

お客様目線の会社を選ぶ

不動産売却は大きなお金が動く取引です。そのため、不動産業者との信頼関係構築は必須。そこで注目したいのが、担当者や会社全体の対応です。顧客目線になり、しっかりと要望などに耳を傾けてくれる不動産会社は信用できます。

不動産売却でよくあるトラブルと対策

CASE1.希望の価格で売れなかった

CASE1.希望の価格で売れなかった

査定額の高い不動産を選んだものの、購入希望者が見つからず、結果的に値下げを繰り返し、思っていたよりも安く不動産を手放すことになってしまった……。こうしたトラブルは少なくありません。しかし、これは不動産会社側の都合や利益が優先されている可能性があります。

地域相場を知る優良不動産会社へ依頼

地域相場を知る優良不動産会社へ依頼

不動産には条件に見合った相場が存在します。そのため、適正な査定額を提案してくれる不動産会社へと依頼するのが第一のポイントです。また、なぜその査定額になったのかをしっかり説明してくれれば、売却後の満足度も大きく異なるでしょう。

CASE2.想定外の費用を請求された

CASE2.想定外の費用を請求された

不動産売却が完了すると、売り主は不動産会社に仲介手数料を支払います。しかし、この際に特別な広告宣伝費などを別途請求されるケースがあります。その結果、思ったよりも“手残り”が少なくなってしまったというトラブルも少なくありません。

コミュニケーションをしっかりとれる不動産会社を選ぶ

コミュニケーションをしっかりとれる不動産会社を選ぶ

販売活動に際し、媒介契約書に記載されていない特別な広告費がかかった場合、不動産会社が売り主へこれを請求するのは違法ではありません。しかしこれはあくまで、売り主の依頼に基づく費用である必要があります。媒介契約書の内容を確認するとともに、別途料金がかかる場合は都度相談をしてくれる不動産会社を選ぶことが大切です。

CASE3.買い主に契約を解除された

CASE3.買い主に契約を解除された

不動産売却は買い主と売り主の合意の下に成立します。しかし、契約成立後であっても、契約が解除されてしまうケースは存在します。この場合、買い主は手付金を放棄することで解除が認められてしまいます。

手付金の金額と解除期日をチェック

手付金の金額と解除期日をチェック

売買契約を解除されないためには、手付金の金額を高く設定し、解除期日を短めにするのが効果的です。ただし、あまりに厳しい条件だと購入のハードルを上げてしまいます。どの程度が適切なのかは、不動産会社に相談をしてみましょう。

CASE4.瑕疵担保責任を請求された

CASE4.瑕疵担保責任を請求された

売却した不動産に瑕疵が見つかった場合は、買い主から補修要請や損害補償を訴えられる可能性があります。売り主には瑕疵担保責任がありますので、これに応じなくてはなりません。また、あまりに欠陥が深刻だと契約解除になるケースもあります。

瑕疵担保保険への加入

瑕疵担保保険への加入

住宅検査事業者による検査に合格した不動産は、瑕疵担保保険の対象になれます。売り主にとってはリスクの回避になりますし、買い主にとっては安心にもつながるでしょう。また、万が一瑕疵が見つかった場合は、検査事業者による補修が行われます。

大森不動産だからできる、お客様目線の最適なご提案

大森不動産だからできる、お客様目線の最適なご提案

当社が目指すのはお客様の目線で最適なご提案ができる不動産会社です。専門的な知識や経験はもちろんのこと、いかにご満足いただける対応ができるかにこだわっております。地域情報を熟知したスタッフが、ていねいなヒアリングを実施し、それぞれのご要望をしっかりと把握。その上で、売却方法・価格・タイミングの最適解をご提案いたします。不動産売却をお考えの方は、ぜひ当社までご相談ください。

不動産売却をお考えの方必見!
不動産売却の基礎知識

査定方法・媒介契約・諸経費について

査定方法・媒介契約・
諸経費について

詳しく見る

売却の流れ

売却の流れ

詳しく見る

よくあるご質問

よくあるご質問

詳しく見る

当社が選ばれる理由