その他の事業

その他の事業

名古屋(昭和区・千種区)の大森不動産は、不動産売却だけでなく、販売についても承っております。土地・戸建て・マンションなどのご購入をご検討中の方は、ぜひご相談ください。住み替えと売却を同時進行させることも可能です。

また、店舗などの商業用地におけるリーシングも行っております。お客様のビジネスをさらに発展させるべく、的確なアドバイスを差し上げます。なお、ご希望の方には賃貸物件もご紹介可能ですので、ぜひご活用ください。

不動産の購入をお考えの方へ

不動産の購入をお考えの方へ

不動産購入は、はじめにご自身とご家族がどのような暮らしを望まれているかについて振り返る必要があります。その上で、どのような種類・形態の物件を購入したいかを決めるかが重要です。以下ではわかりやすいように、「戸建て×マンション」「新築×中古」「戸建ての種類」におけるメリット・デメリットをまとめました。

不動産(居住用)購入のポイント

戸建てとマンションの比較
マンション
  • メリット

    • オートロックなどのセキュリティ充実
    • 耐火性・耐久性に優れた構造
    • 効率的な冷暖房機能
    • 好立地が多い
    • 共用部分のメンテナンスが不要
    • 高層階は眺めが良い
    • ワンフロアなので自宅内移動・家事が楽
  • デメリット

    • 管理費や修繕積立金、駐車場代といったランニングコストがかかる
    • 庭は基本的に持てない
    • 土地・建物の管理・修繕は一定数以上の所有者によって方針が決められる
    • ペットが飼えない、もしくは制限される
    • バルコニーや専用庭などの使い方が制限される
戸建て
  • メリット

    • 土地も建物の自らの資産
    • リフォーム・建替えは自由
    • 庭など、外構部分を自由に活用できる
    • 敷地内に駐車場があり安心
    • 管理費・駐車場代などが不要
  • デメリット

    • 外構部分のメンテナンスが大変
    • 冷暖房費が高くなりやすい
    • 駅から距離があることが多い
    • 将来のリフォームに向けた蓄えが必要
    • 加齢と共に、階段の上り下りがおっくうになる
新築と中古の比較
新築
  • メリット

    • 外観・内装共に新しくてきれい
    • 築年数の経った中古物件に比べ、耐震性・省エネ性などが高い物件が多い
    • 最新の住宅設備を活用できる
    • 建物の保証期間が長期
    • 税制優遇などを受けられる
  • デメリット

    • 購入価格は中古より高め
    • 希望するエリアに物件がない可能性がある
    • 近隣に住む住民を事前に確認できない
    • 未完成で販売される物件は、実物を見ないままでの契約となる
中古
  • メリット

    • 新築に比べ購入価格が安め
    • 物件を探しやすい
    • 実際の建物を見た上で購入できる
    • 近隣に住む人を事前に確認しやすい
    • リフォームによって住環境・住宅性能を改善できる
  • デメリット

    • 内装や設備次第ではリフォーム費用が別途かかる
    • 新築に比べ、断熱性や耐震性などに劣る傾向にある
    • 住宅ローンの返済期間が制限されるケースがある
戸建ての種類とそれぞれの比較
建売住宅
  • メリット

    • 土地と建物の価格が決まっているので把握しやすい
    • 土地と建物を住宅ローンでまとめられるので手続きが容易
  • デメリット

    • 間取り・デザインが事前に決まっている
    • 未完成住宅であっても、大幅な変更は行えない
注文住宅(建築条件付土地)
  • メリット

    • 建売住宅に比べ、自由な間取りを実現できる
    • 指定業者が決まっているため建築会社を探しやすい
    • 建築プランの活用で価格が抑えられるケースがある
  • デメリット

    • 家を建てる期間が限定される
    • 建築会社は自由に選べない
    • 自由設計に比べ、間取りやデザインの自由度が低い
    • 建売住宅に比べてコスト・手間がかかる傾向にある
注文住宅(建築条件なし)
  • メリット

    • 間取りやデザインをすべて自由に決められる
    • 自分で建築会社を選べる
    • 土地購入から建築までの期間に制限がない
  • デメリット

    • 建築会社選定から細部の部材決定に至るまで、すべて自分で確認する必要がある
    • こだわりで費用が高くなりすぎないよう、建築費用の管理が必要
    • 建売住宅に比べコスト・手間がかかる傾向にある

工場・店舗用地・商業用地の購入のポイント

商業用地は商業活動を行う場です。そのため、土地の収益性が高いものを選ぶことが大前提といえます。以下で、商業地として優れた土地のポイントについてご紹介します。

不動産の購入をお考えの方へ

  • 通行量が多い
  • 店舗の集積度が高いなど、環境が整っている
  • 接面道路が広い
  • 連続性の状態など、街路条件が揃っている
  • 都心・駅・官公署へのアクセスが至便である
  • 法定容積の大きさなど、行政的条件がクリアされている
  • 間口の広さや形状の良否など、各地条件が揃っている

企業が購入する投資のための不動産物件「事業用不動産」

企業が購入する投資のための不動産物件「事業用不動産」

店舗や事務所のほかに、投資を目的として売買されるビルやマンションなどの不動産を、「事業用不動産」と呼びます。居住用ではなく、あくまでも事業用途や投資目的という点が異なります。

不動産購入の流れ

STEP1物件探し
まずはお客様のご要望に沿った物件がないかを探します。気になるものがあれば内見を行いましょう。この際、気になる点があれば率直にお伝えください。また、ご質問についても随時受け付けます。お気軽にお尋ねください。
STEP2購入承諾
購入する物件が見つかったら、ここからは契約までの準備に入ります。ローンの事前審査や条件提示・交渉を終えたら、購入承諾を書面にて提示していただきます。税金などについてもどうぞお気軽にお尋ねください。
STEP3手付金支払い・売買契約締結・ローン申込
金融機関からローンの承認が下りたあとは、金銭消費賃借契約書への記入や住所変更を行います。また、この際には手付金の支払いや、売り主との間で売買契約の締結が行われます。
STEP4移転登記申請・物件の引っ越し
不動産の所有権が売り主からお客様へと移動したので、移転登記申請を行う必要があります。また、新居への引っ越しの準備や、火災保険への加入などを行いましょう。
STEP5引っ越し・入京
引き渡しが済んだらいよいよ入居です。なお、登記識別情報通知書が届くので、この受け取りが済めば不動産購入は完了です。

賃貸のご相談も承ります

賃貸のご相談も承ります

当社は不動産賃貸仲介も承っております。住み替えのタイミングで、所有から賃貸へと切り替えたいというお客様は、どうぞお気軽にお申し付けください。これまでにお伺いしたご要望を踏まえヒアリングを行い、それぞれに最適な賃貸物件をご紹介いたします。

資産活用の企画・リーシング業務

資産活用の企画・リーシング業務

リーシングとは、複数の店舗がテナントとして入居するような商業施設などに対し、賃貸借契約の書類発行や説明に加え、借り手が見つかるためのサポートを行う業務です。当社がご提供するリーシングサービスについてお伝えします。

当社提供のリーシングサービス

立地動向・マーケティング調査

立地動向・マーケティング調査

お客様が所有の不動産には、どのような年代・性別の人の集客が見込めるのか?土地柄は?商圏はどこまでか?地域のニーズは?など。幅広い観点から調査を行い営業用の情報を収集します。その結果から、どのような店舗・企業に訴求するのが効果的であるかを見極めた上で、優先順位を付けながらリーシングを行います。

営業

営業

たとえば賃貸マンション経営においては、いかに空室を埋めるかが重要になります。しかし商業施設の場合にはそれよりも、いかに多くの来客を見込めるかが大切です。たとえば、人気店を入り口付近に配置するだけでも、施設全体の売上は大きく変わるでしょう。一方、売上が芳しくない店舗・企業に対しては退店交渉なども必要です。当社のリーシングは、単に“埋める”のではなく、いかに“売れる”かを重視します。

契約

契約

店舗・企業との契約も当社にすべてお任せください。出店までの流れや段取りをしっかりと管理し、トラブルなく開店・営業ができるよう調整いたします。また、細かな取り決めを文章化し契約書に盛り込むことで、契約終了後のトラブル回避にも務めます。

プロパティマネジメントや仲介とは何が違う?

プロパティマネジメントや仲介とは何が違う?

商業施設運営において登場するプロパティマネジメント。これは、設備やメンテナンスに関するアドバイスを行い、不動産の資産価値を高めることを目的に行われます。ただし、リーシングも同様の目的がないわけではありませんので、それぞれは重複する部分も少なくありません。イメージとしては、リーシングが「スタート」で、プロパティマネジメントは「継続」と捉えていただければと思います。

なお、仲介とリーシングも重複部分は多く存在します。しかしこれは、仲介がリーシングのなかの一業務であるからです。リーシングは商業施設の営業や企画、調査、テナント誘致とった包括的業務にあたり、賃貸収益性の確保を目指しています。一方、仲介はあくまで営業と契約のみです。

賃貸物件管理

賃貸物件管理

当社では、これからマンション・アパートを運営していきたいというお客様に充実のサポートをご用意しております。単に管理をするのではなく、お客様のご都合に合わせた対応が可能です。収益不動産のオーナーの方や、これから不動産活用を行いたいという方に向けて、当社の賃貸物件管理についてご紹介します。

大森不動産だからできる賃貸物件管理

当社では、それぞれのオーナー様に合わせた管理メニューをご用意しております。必要な業務のみをお申し付けいただくことで、コスト削減にもつながります。

  • 入居募集・選定

    入居募集・選定

  • 賃貸借契約

    賃貸借契約

  • 入居者管理

    入居者管理

  • 受水槽、浄水槽点検・清掃

    受水槽、
    浄水槽点検・清掃

  • 植栽の剪定と敷地内の除草

    植栽の剪定と
    敷地内の除草

  • 定期巡回パトロール

    定期巡回パトロール

  • 定期清掃

    定期清掃

  • エレベーターの保守・点検

    エレベーターの
    保守・点検

  • 鍵の保管・管理

    鍵の保管・管理

  • 駐車場トラブルへの対応

    駐車場トラブルへの
    対応

  • 設備機器の修理・交換

    設備機器の
    修理・交換

  • 消防点検

    消防点検

  • クレーム対応

    クレーム対応

  • 家賃集金

    家賃集金

  • 敷金精算

    敷金精算

入居者募集のためのノウハウ

入居者募集のためのノウハウ

当社は地域の情報を知り尽くした不動産のプロフェッショナルです。入居希望者がどのような動向・ニーズでいるかを捉え、専門的な視点から入居率を向上させるご提案を差し上げます。

たとえばリフォーム・リノベーションも空室対策の一環です。当社代表は長年ハウスメーカーに勤めてきた実績があるため、購入希望者の印象に残る部屋づくりはお任せください。そのほか、建物の修繕や改修、設備機器メンテナンスのご提案も差し上げます。

不動産売却をお考えの方必見!
不動産売却の基礎知識

売却のポイント・不動産会社の選び方

売却のポイント・
不動産会社の選び方

詳しく見る

査定方法・媒介契約・諸経費について

査定方法・媒介契約・
諸経費について

詳しく見る

売却の流れ

売却の流れ

詳しく見る

よくあるご質問

よくあるご質問

詳しく見る

不動産の仲介売却・買取をお考えの方!